学校教師と塾講師の差

学校教師と塾講師の違いについて見ていきましょう。


まず、学校教師の場合は公務員であり、塾講師の場合は民間会社の社員であるということが違っています。
さらに、違いは年齢や昇給というような面でもあります。
基本的に学校教師の場合は、年功序列、定年退職というようなものがあります。
そのため、年齢の平均も40代で、昇給に関しても段階的に年齢に従って確実にアップします。
一方、塾講師の場合は、年齢の平均は20代後半で、管理職の塾長などになると、高い給与になります。
給与の違いも勤務先や実力によって大きくなっています。


本質的な両者の違いとしては、その性質が同じ教育でも違っています。
学校教師の場合は、特に生活指導、勉強の他のことでの教育の比率が大きくなっています。
特にトラブルが生じると責任を問われます。
一方、塾講師の場合は、大きな責任を学業の面において負っています。
義務教育以外に授業料をもらって教育を補助的に行うため、目に見える成績のアップがその分問われます。
直接成績の変動が待遇面や給与に影響するため、学校教師とは非常に違っています。


また、小学校教師の場合には、一人で全ての教科を一人で担当するようになります。
特に、一人の教師で、音楽・図画工作・体育などというような科目を教えるようになります。
そのため、非常に学校教師の負担は大きくなるでしょう。


本サイトでは、教育におけるスタイル、教育の内容、集団生活における育成、についてご紹介します。


≪注目サイト≫
塾に関わる仕事のバイト募集をしているサイトです=≫ 塾 バイト